【初心者マニュアル】女一人でサウナ行ってきた【おすすめ】【東京】

サウナ 雑記

こんにちは、30代会社員のレディペン(@ladypenpajan) です。

「サウナは流行っているけど、入り方がわからない・・・」

「サウナ好きな人はマナーに厳しそう」

そう思っていませんか?

サウナ初心者の筆者が、サウナのマナーや持ち物、楽しみ方のポイントなど紹介します。

これから、サウナデビューしたいと思っている人は、是非参考にしてみてください。

忙しい中でも、気持ちのいい時間を作れると人生がより楽しくなりますよ!

都内のおすすめサウナ

ちゃんとしたサウナは、「テルマー湯」と「松本湯」しか行ったことありません笑

そのくらい初心者なのですが、どちらも女性にかなりおすすめです!

先日、去年クラウドファンディングでリニューアルされた

温泉・サウナの「松本湯」に行ってきました。めちゃくちゃ綺麗です。

今回は松本湯での初心者マナーや持ち物、楽しみ方を紹介していきます。

場所は?

東京メトロ東西線「落合」駅下車、徒歩3分
JR総武線「東中野」駅下車、徒歩8分
西武新宿線「下落合」駅下車、徒歩8分

私は西武新宿線から行きましたが中井と下落合、どちらの駅からも8分くらいでした。

どの路線でも行きやすい場所にありますね。

行く前にチェックすること

松本湯は人気の温泉・サウナのため、混雑しています。

必ず、「サウナイキタイ」で混雑していない時間をチェックしましょう。

アクセスすると、「男湯」の方が表示されますが、右の「女湯」をチェックします。

私が行ったときは、女湯は普通だったのですが、男湯は30人くらい受付付近で並んでいました。

男湯と女湯だと、混雑する時間帯が違うようです。

ちなみに温泉・サウナでは珍しく、タトゥーや刺青がOKになります。

実際女湯で、2~3人タトゥーが入っている人がいましたよ。

食事

サウナは体力を使うため、空腹や満腹だと体調が悪くなるかもしれません。

入る1〜2時間前に食事を済ませておきましょう。

料金

サウナを利用するなら、

1回 980円(入浴料480円+サウナ500円)バスタオル付

になります。

支払い方法は2つで、

券売機で現金か

受付で各種クレジット、電子マネー(suica,PayPay等)で支払います。

持ち物

松本湯では、下記の持ち物をもっていくといいと思います。

  • 100円玉
  • 10円玉を4枚くらい
  • タオル
  • スマホ
  • (スキンケア用品)

100円玉

まず、コインロッカーが100円返却式のロッカーなので、100円は用意しましょう。(自販機があるので崩してもOK)

10円玉を4枚くらい

ドライヤーは有料で、持ち込みのドライヤーは使用できません。

3分20円くらいだったと思います。

タオル

入る時に、無料で1枚バスタオルを渡されます。

ですが、サウナで体を拭くように一枚持って行った方がいいかな?と思います。

もちろん、フェイスタオル(50円)、バスタオル(100円)で追加で借りることもできますよ。

スマホ

現金が足りない場合でも、各種クレジット、電子マネー(suica,PayPay等)が利用できるので、一応持っていきましょう。

スキンケア用品

シャンプーリンスは大浴場に置いてありますが、

スキンケア用品は販売などしていないので、気になる人は持っていきましょう。

大浴場・サウナ内には何をもっていく?

ロッカーに荷物をいれたら、下記のものをもっていきます。

  • 飲み物
  • タオル
  • (シャンプーリンス)あかすりなど

自販機で販売していたポカリスエット・アクエリアス等を持ち込んでいる人も数人いました。

大体、大浴場に入ると荷物置き場があるので、置くことができます。

松本湯は大浴場に入って右に置き場があるので、みんな荷物を置いていました。

サウナの入り方

基本的にこの入り方であれば、どこのサウナでも大丈夫です!

①髪、体を洗う

まずは、体を洗いましょう。

体をきれいにしてから入ることがサウナのマナーです。

ちなみに松本湯だとリファのシャワーヘッドがついているので、シャワーの水滴が大きくて気持ちいいですよ。

②タオルで体を拭く

水分を拭きとります。

その方がサウナ内で汗が出やすいです。

③マットとタオルをもってサウナに入る

お尻の下に敷くマット(ビート板のようなもの)が置いてあります。

近くにあるシャワーや温泉で軽く洗って持っていきます。

マットがない場合は、タオルをお尻の下に敷きましょう。

④最低限のマナー

サウナ内は私語厳禁です。

友達同士で来ていても、守りましょう~

(ジムのサウナは高齢者が多いため、私語厳禁と書いてあってもおしゃべりの場となっています。ちゃんとサウナを味わいたい人は、松本湯やテルマー湯などマナーを守る客が多いところにいきましょう。)

サウナは初心者なら何分入ればいい?

階段の様に段差になっていて、上の方が熱くなっています。

初心者は下段のほうが良いでしょう。

初心者は6分~10分を目安に入りましょう。

サウナ初心者の私の感覚でしかないのですが、頑張って長く入れば「整う」「気持ちよくなる」というわけではないと思います。

私のように熱いのが苦手な人はとりあえず6分を目標に入ってみましょう。

⑤汗を流す

マットとタオルをもって、

サウナを出たら、水風呂に入る前にシャワーで汗を流しましょう。

⑥水風呂に入る

30秒から3分くらい水風呂に入ります。

肩まで入りましょう。

私は上半身に肉がない骨格ウェーブタイプなので、上半身が水風呂につかる時が一番辛いです笑

水風呂入ってしまえば、寒さとかはなくなってきて気持ちよくなってきます。

初心者は1分くらい入るといいと思います。

⑦外気浴に当たる

水風呂の水滴を拭きとって、椅子に座って外の風に当たります。

松本湯だと、大浴場に入ってすぐ左に、畳の床の風が吹くスペースがあります。

空いていなかった場合は、更衣室付近のベンチや更衣室にある椅子などに座りましょう。

大体5~10分くらいです。

この①~⑦を3セットくらい繰り返します。

サウナは初心者だと整わない?

私はサウナ初心者ですが、「整う」が正直わからないです笑

頭がクラクラしたりするのですが、それが「整う」なんですかね?

ですが、外気浴に当たっていると気持ちいいとか、水風呂がどんどん気持ちよくなってくるとか、そういう感じでいいのではないかな?と思います。

正直「整う」目的じゃなくてもサウナは楽しめると思います!

リラックスもできるし、リフレッシュもできますよ。

松本湯の温泉

サウナを紹介しましたが、温泉もすごいいいんです。

とくに、電気風呂がすごかったです笑

電気が流されている間は、体動かないんです!笑

ちゃんとしっかり電気が流れているので、腰痛などに効きそうだと思いました。

まとめ

以上が、初心者向けのサウナマニュアルになります。

サウナに行ってみたい人はぜひ参考にしてみてくださいね。

テルマー湯のレビューはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました